ボーイングB737-800型機(B738)のお勧め座席はやっぱりこの席!~ANA国内線~

旅行

今回は以前にもブログで紹介したことのある、B738-800型機(B738)のANA国内線仕様機のおすすめ座席ですが、最近の私のイチ押し「お気に入りの、お勧め座席」を紹介します!

結論から先に言いますと、お勧め座席は座席番号で、窓側が好きな方は14列の「14A」か「14K」、通路側が好きな方は14列の「14C」か「14H」もしくは15列の「15C」か「15H」がお勧めです。

下の写真の非常口のマークがある前方が14列で後方が15列になります。

足元が広い非常口座席
一般には解放されていない14列目の非常座席

ここで窓側と通路側で列の選択肢が違うのはなぜ?となりますが、ここからが説明しますね。

先ず14列目と15列目は前回のブログでも説明しましたが、非常出口の席になっており、通常の席とは違い、前の座席との間隔が広く足がゆっくり伸ばせるのでゆったりできます。

そして前の座席との間隔が広いと足が伸ばせる利点の他に自分にとって最大のメリットは、窓側に座った時の「トイレ」に行くときです!

通常の座席の幅ですと、窓側からトイレに行くときは隣の人たちに立ち上がってもらわないと、通路側に出れない経験がおありの方も多いいと思いますが、この席の場合は立ち上がってもらわなくても、足元が広いので、ちょっと体を傾けてもらえばひょいと足元を乗り越えて通路側に出ることが出来る席なんですね。

ですので、ゆったりできるのと、トイレに行くのにそこまで気を遣わなくいてよいという意味で、お勧めの席です。

これまでの説明だと、14列と15列はどちらでも同じ?と思われた方も多いと思います。それでは窓側が好きな人になぜ14列目がお勧めなのかと言うと…

窓側に座られる方は通路側が他の人が歩くときにあったたりされるのが嫌な方か、外の景色を見たいと思われて選ばれる方が多いいと思います。

14列目の理由は外の景色です!そう14列と15列はちょうど機体の真ん中たりで翼の上あたりに当たるのですが、14列目は翼の上ですが15列目と違い翼とエンジンとエンジンの向こう側に地上が見えるので、写真もこれぞ飛行機に乗ってる感を醸し出す景色が撮れます!

この14列ですが座席指定にはコツがあります。14列は事前の座席指定の対象外でして、通常は航空会社のネットの事前の座席指定でも指定不可の表示になってますが、指定できる期間があります。知っておられる方もおられる方もおられると思いますが、予約の状況にもよりますが、搭乗日の前日の午前0時から座席の調整が行われ、14列の座席が開放されますので航空会社のネットでの座席指定が可能となります。

足元も広くてゆったり座りながら、外の景色も楽しみたいと言う方は、是非一度14列の窓側の席を指定してみてはいかがでしょうか。

皆さんの飛行機での旅の時間が時間が少しでも楽しく快適でありますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました